2010/02/01(月)Windows7再インストール

2010/02/01 26:23 review::PC

更新が停止しており申し訳ございません。実業務多忙につき、ネタが創造できない状況が続いております。

WD20EARSお買い上げ

少し谷間ができたので、プチフリーズが生じている現環境を打開すべく、HDD更新(ぇ

表題の2TBytesのものをお買い上げ。物理セクタサイズが4Kbytesになっており、Windows VISTA,7以降で動作保証がされているものです。詳しくはWesternDigitalのsiteにて。。。


導入前確認

まずはメーカのツールを拾ってきましょう。初期不良で泣くことも多いので、この手のチェックは是非実施しておくべきです。メモリは良くやりますけどね、一晩くらい。。。

Data Lifeguard Diagnostic title

私はWindows7で実行しましたが、"管理者として実行"する必要があります。S.M.A.R.T.情報を吸い上げたりするようで、一般ユーザ権限だと、それが読み出せないようです。少し引っかかったので記しておきます... *1

Test Option: EXTENDED TEST
Model Number: WDC WD20EARS-00S8B1
Unit Serial Number: WD-WCAVY*******
Firmware Number: 80.00A80
Capacity: 2000.40 GB
SMART Status: PASS
Test Result: PASS
Test Time: 19:30:12, January 31, 2010

Test Option: WRITE ZEROS
Model Number: WDC WD20EARS-00S8B1
Unit Serial Number: WD-WCAVY*******
Firmware Number: 80.00A80
Capacity: 2000.40 GB
SMART Status: PASS
Test Result: COMPLETE
Test Time: 14:38:09, February 01, 2010

*1 : 恥さらしとも云うw

移行準備

今回は同一マシンの再インストールになるので、マシン移行より慎重にしないといけない。できるだけ環境を持っていく。

Mozilla系バックアップ

MozBackupでメール、ブラウザのブックマークとサイトごとのアカウント・パスワード情報を保存させておく。復元すると、ほぼバックアップした状態まで回復してくれる。あまりカスタム指定内政もあるけれど(^^;

自作素材系バックアップ

うちはMyDocumentを使わないタイプなので、/homeあたりを丸ごともっていけばおk。日エレデフォルトの/workspaceなんかも忘れずに。

あと、可能な限りinstallerを使わずに使えるソフトは/fswにおいてあるので、これを丸ごとコピー。コピー処理は、firefile copyを愛用させていただいております。コピー後にハッシュ比較でVerifyさせることができるので、安心です。一度、移行時に死んだことがあるので、今回はバッチリVerifyかけます。おかげですごく時間がかかりましたが・・・。


ドライバ類ダウンロード

あらかじめ、各社から拾っておく。ggrks


インストール

区画整理

クリーンインストール実施。DVDからブートさせていくわけだが、パーティションの作成から始めると、100MBのブート領域を食われる。*2これがいやな場合、一度パーティションを切ってから、インストールをキャンセルし、区画だけ好きなようにきりなおして再起動するとよい(ディスク2台環境で確認。1台でできたか失念)。再起動すれば区画がきられた状態を覚えているので、所望のパーティションへインストール。

ドライブ番号のなぞ

SATAポートが1~6まであるわけだが、どういうわけかポート1のディスクIDが1となり、ポート2のディスクIDが0となる@Windows7。BIOSではポート1、2の順に0,1という番号がついている。認識している順番とは異なる番号を振っているのかなぁ。気持ち悪いけれど、なおらなかったのであきらめる。*3

SATAのポートを入れ替えても、BIOSで起動設定してやればしっかりとbootはしてくれた。ポートがずれても致命的にはならない...のかな.


*2 : Win7の秘匿系の機能に使う?用わからんが気持ち悪いので捨てた(ぉ

*3 : このために3回いれなおしたぜ・・・

バックアップ

Acronis True Image WD Editionなるソフトが使えます。WDのHDDを買ってあるので、使っても大丈夫そう。

基本ソフトを入れて、アップデートを入れて、区切りのいいところで当該ソフトでブートパーティションを吸い上げてイメージ作成。付加を見ると8コア全部使って圧縮してくれている模様。これは快適だなぁ。


備忘録(2010/2/2更新)

  • 各種開発環境のインストール\QuartusII 9.1インスコ完了、active Perl5.10.0インスコ
  • 2本目のフルDLGTEST\3時間ちょっとで完了。Why.... oTL
  • JMicronのATAドライバ導入検討。入れないほうが安定しそうなら、ドライブだけサルベージしてNW越しにデータ吸い上げ。\現状はBIOSでperipheral機能を殺している。

とりあえずこんなもんで。ウィルスバスター2010がWin7x64にも対応していたので、Avast!から乗り換え。ライセンス数の調整を実施。

OK キャンセル 確認 その他