2008/12/22(月)[QuartusII] WEB editionでJTAGクロックにremoval error

[QuartusII] WEB editionでJTAGクロックにremoval error

前回,[QuartusII] TimeQuestのaltera_reserved_tckのremoval errorということで,長船さんにコメントをいただいた件を検証してみた.
タイトルに答えを書いている気がしないでもないが...(汗;

Subscription Licenseが有効な場合

各種IPもライセンスvalidateされている状態なので,JTAG接続の必要は無い.
結果としては,SRからの回答もあったように,removal timing errorの発生も無い.
むしろ,altera_reserved_tckがclockとしてリストアップされない.Technology MapViewerにて,PostMapping後の該当回路周辺を見てみると,以下のようになっていた.

Q2_TMV_01.png

なんかaltera_internal_jtagのポートが記憶と異なる...


Subscription Licenseが無効な場合(WEB edition)

いわゆるWEB editionでも見てみた.

Q2_TMV_02.png

どうだろうか.赤枠で囲った3つのポートが増えていることがわかるだろう.

  • SHIFTUSER
  • CLKDRUSER
  • UPDATEUSER

timing errorを出していたのはこの余計な信号生成とかが絡んでいるせいと思われる.また,発生する条件も,これら追加された信号のあたりと推定するため,通常動作中には悪影響はなく,JTAG切断時やtime out時にタイミング違反となる可能性があるのかもしれない.

したがって,本件は問題ナシとしてcloseする.

この辺りを見てしまうと,NiosIIライセンスなしでQuartus II/SOPC Builderを使い続けるのは,色々とライセンス問題で泣かされそうな予感がしてくる.

評価に影響がないように... と考えるとあれか,30日の機能評価版を使えということか.WEBで情報が少ない理由はココにあるのかもしれないな...

儂はどう動くべきなんだろうかな.

Nios IIコアを捨てて,テキトウなCPUコアを持ってくるのも一つだろう.SOPC BuilderのGUIは捨てるのが惜しいので,Avalonシステムは継承したいところだな...

とりあえずもう少し何かカタチができるまでは続けよう...

いただいたIPを使ってファイルアクセスを試したいところですが,中間フォロー資料を先に作らせていただきたく.今週中には第一報を出します.*1

*1 : 期限切るのがお約束.でも,守れない期限を吐き捨てるのは見積もり誤り.

OK キャンセル 確認 その他