[Q2HB] Avalon Streaming Interconnect Components

[Altera][Q2HB] Avalon Streaming Interconnect Components

Component Overview

refer to: "Volume 4: SOPC Builder, Section III. Interconnect Components, Chapter 12, Avalon Streaming Interconnect Components"

readyレイテンシが異なる,source/sinkインタフェースに対応します.timing adapterは,ready信号とvalid信号を除いた全ての信号をペイロードのように処理し,souceからsinkへ単純に駆動します.タイミングアダプタの挙動を以下に記します.

  • source:ready, sink:not ready (データ入力がこない)\sourceはbackpressureを返しますが,sinkは応答する必要がない.sourceインタフェースへのready入力は論理1に直結される.
  • source:not ready, sink:ready (出力先busy?)\sink(取り込み側)はbackpressureが適用されるが,sourceは応答できない.sourceはvalidだがsinkがnot readyのときに,アダプタが妨げてデータロスをさせないための機能はない.アダプタはシミュレーション時のエラーメッセージを提供し,データが恒常的に失われるならばエラーを示す.\ユーザーがwarningの存在を確認し,接続を許可される.
  • source/sinkともにbackpressure対応, soureよりsinkのreadyレイテンシのほうが大きい.(入力が遅い)\souce(排出側)がreadyアサートやデアサートへ応答するのは,sinkがreadを要求するよりも早い.sourceとsinkの,readyサイクルが同じに見えるようにするために,readyレイテンシの差に等しいパイプラインステージ数が,sink backからsouceへのreadyパスに挿入される.
  • source/sinkともにbackpressure対応, soureよりsinkのreadyレイテンシのほうが小さい.(出力しきれない)\souce(排出側)が,sinkの条件を満たしてreadyアサートやデアサートへ応答するのは不可能.readyレイテンシの差に等しい深さのバッファが,sourceが時間内に応答できないことを補うために挿入される.\# あふれないか?

Instantiating the Timing Adapter in SOPC Builder

  • Input Interface Parameters
    • Support Backpressure with the ready signal\Checkすると,backpressure機能を追加する.
    • Ready Latency\ready信号が使われるとき,この値はready信号がアサートされたときとvalid dataが駆動されたときの間のサイクル数をさします.
    • Include valid signal\valid信号を含むときにCheckしてください.これをoffにすることは,データ受信が常に許可となることを意味します.
  • Output Interface Parameters
    • Support Backpressure with the ready signal\Checkすると,backpressure機能を追加する.
    • Ready Latency\ready信号が使われるとき,この値はready信号がアサートされたときとvalid dataが駆動されたときの間のサイクル数をさします.
    • Include valid signal\valid信号を含むときにCheckしてください.これをoffにすることは,データ送出が常に許可となることを意味します.
  • Common to Input and Output Interfaces
    • Channel Signal Width (bits)\チャネルsignalの幅を入力します.4つのチャネル幅は16チャネルまで許容します.チャネル信号の最大幅は8bitです.チャネル未使用時は0をセットしてください.
    • Max Channel\インタフェースがサポートするチャネル数の最大値をセットしてください.値は0~255が有効です.
    • Data Bits Per Symbol\シンボルあたりのビット数を入力します.
    • Data Symbols Per Beat\有効な転送ごとのシンボル数を入力します.
    • Include Packet Support\インタフェースがパケットプロトコルをサポートするときにonにしてください.
    • Include Empty Signal\endofpacket信号を含んだ,サイクル中のemptyシンボル数を指定するためにこの信号を使えます.number of symbols per beatが1なら不要です.
    • Error Signal Width (Bits)\エラー信号の幅を入力します.有効な値は0~31bitです.未使用時は0としてください.
    • Error Signal Description\エラービットそれぞれの記述を入力します.記述フィールドはセミコロンで分割します.接続が作られるためには,sourceとsinkのエラービットの記述が合致しなければなりません.ビットが不整合とすることのできる適合については,12-9の"Error Adapter"を参照ください.
Refer to “Error Adapter” on
page 12-9 for the adaptations that can be made when the bits do not
match. Lissy: I wrote this using common sense. Please check.

★pdf化前のreviewメモが残されている気がする.





注意事項

英語力の弱い人が適当に訳しています.
自分では意味がわかるようにとれたものと,そうでないものとがあります.概要理解の参考にしていただければ幸いですが,オリジナルの英文を参照されることを強く推奨いたします.
また,自分なりに理解して解説したり,参照した資料などへのリンクも記述していますが,ALTERA社の検閲は入っておりません.
入門者の敷居を下げるべく,説明文の誤り指摘や修正案等のコメントをいただけますと幸いです.

OK キャンセル 確認 その他